ヘッダーの左側 トップページへのリンクです

「日本では何をしているの?」のページへのリンクです

活動の理念と組織の目的

1冊の本から広がる、ラオスの子どもたちの可能性

1982年に活動を始めた当時、ラオスの首都ヴィエンチャンには国立図書館と国営書店が1軒あるだけで、子どものための本などありませんでした。地方へ行けば、村の学校とお寺の外に文字は存在しないという生活でした。
こうした状況は現在でもほとんど変わらず、ラオスの子どもたちには、日ごろ本に親しむ機会がありません。学校を卒業したとたんに文字との縁が切れて、何年か経つとせっかく覚えた文字を忘れてしまうこともあります。

「文字が読み書きできなくたって、本がなくたって、暮らしには困らないのでは?」
果たしてそうでしょうか。

私が会ったある若い女性は、縫製の職業訓練を受けていましたが、教わったことをノートに書き留めることができませんでした。小学校で習った読み書きを忘れてしまっていたのです。経済的に自立するために新しい知識や技術を修得したいと思っても、現代社会では、文字が読み書きできないと、そのチャンスは非常に限られてしまいます。
私たちは、ラオス語による本の出版を応援し、それによって子どもたちが自らの世界を広げ、また、自らを豊かに表現する能力を高めることによって、人生を主体的に選択していく力を身につけてほしいと願っています。

(代表 チャンタソン・インタヴォン)
 

定款の一部から

この法人の目的は、子どもが自らの力を伸ばす権利、人生を主体的に選択する権利を全うできるよう、教育の普及に協力することで、公正で平和な地球社会づくりに貢献することです。
そのため、今日子どもが教育を受ける機会を十分得ていない地域のひとつ、ラオスにおいて、本の出版、読書の習慣の普及、子どもが集い遊び学べる場の支援など、子ども自らが学ぶ力を伸ばす環境を生み出す活動を行います。活動を通じて得た知識、情報は地域と地球社会に発信していきます。
活動にあたっては、子どもの参加と、日本およびラオスをはじめとした人々の参加を促し、誰もが対等に力を発揮し合う関係を作り出すことで、それぞれが成長の機会を得ることをめざします。

中期計画で目指すもの

「ラオスのこども」の「第4次中期計画」の画像です 左の画像をクリックすると「第6次中期計画」(pdfファイル(189 Kbyte))をダウンロードできます。