ヘッダーの左側 トップページへのリンクです

「日本では何をしているの?」のページへのリンクです

プロジェクト報告

近年実施した(実施中を含む)読書推進プロジェクトを、詳細に報告します。

小中学校における図書活用強化事業(第1期) 

【日本NGO連携無償資金協力】
<目的>  図書室がある学校で、授業に絵本などの副読本を取り入れ、図書の活用と子どもの学ぶ力を高めることを 目指す事業
<対象> チャムパサック県・サワンナケート県・カムワン県3県34校
<実施期間> 2011年10月16日〜2012年10月15日
<実施内容> 
  ・各校をまわり、活動状況の調査と担当者の面接。
  ・地域と活動状況に合わせて4つのグループに分け、各校から2名参加する図書活用セミナーを開催。
  ・サワンナケート県・カムワン県の18校を、1校、2日間かけ学校訪問活動を実施。

セミナー実施前に、全校を巡回し、活動状況の調査・担当教員との面接をおこない、活動状況に合わせグループ分けをしました。セミナーは、活発校向けと停滞校向けの2パターンを実施し、各校の課題に適したノウハウを得られる構成としました。
巡回訪問の際には、全対象校に2日程度滞在し、セミナーからは見えなかった各校の実践・応用段階での課題に取り組むことができました。セミナーでは、物語をもとに劇を作る指導をしており、多くの学校で、子ども達が劇を演じる姿が見られました。

事業の実施により、対象校において以下のような成果が出ています。(カッコ内は事業開始時の数値)
  *図書室を定期的(週3回以上)に開放している対象校: 97% (74%)
  *教員が授業で図書を活用している対象校: 88% (47%)

開始時には、よく活動している学校でも「読み聞かせ」が唯一の図書活用の方法だったが、事業実施後は、演劇、科学本を使ったゲーム、詩の詠唱など、図書の活用が多様化した。 

  *図書を利用する児童生徒が増加した対象校:76%


完了報告書はこちら
事業の様子を示す写真はこちら

第2期を2012年12月1日から開始しました。

読書推進運動の自立的運営の定着化事業

【草の根技術協力事業】
<目的> 学校での図書活用方法の指導や、地域の読書推進センター活動により、読書推進活動が、ラオスの人々により、継続的に実施される体制を整えることを目的とした事業
<対象> ボーケオ県、ヴィエンチャン県、チャンパサック県、セコン県の4県30校
<実施期間> 2010年3月15日〜2012年1月31日
<実施内容> 
30校の対象校で、人材強化を図るべく、1校につき複数の教員を、さらに郡教育指導官を、図書活動の担い手として育成しました。また、3ヶ所(ボーケオ県パーウドム郡、チャンパサック県ポントン郡、チャンパサック県コーン郡)の郡教育局に図書活動の運営主体となる読書推進センターを発足させたました。さらに、ヴィエンチャン県で開設していたセンターの稼働状況を見直し、地域の図書活動をさらに活気づけ、担当者がやりがいを感じられるよう、センターの権限・機能を増強しました。センターの主な役割・機能は、学校図書室活動に関して、「使用済み貸出カード・破損本と新本の交換」「各地域の情報集積」「学校への図書提供」です。

これらの結果、対象校では事業開始時に比べ、図書利用者数は3倍強に、貸出利用者数は2倍に増加しました。最も活発な活動をおこなっていた6校を優良校として表彰し、図書室整備を支援。優良校の実践を共有するために、県内の全対象校の校長・担当教員と共に各県の優良校・停滞校を見学し、情報交換を実施しました。
図書の利用の大幅な伸びが見られた優良校には次の共通点が見られました。
@校長が図書活動への理解を示し、リーダーシップを発揮し、適切な人員配置をしている
A多くの教員・生徒が図書活動に関わっている
B図書室が確保できなくても、各教室で閲覧や貸出しがおこなえるよう各担任が教室文庫の実施に協力しています

優良校のある校長は「ラオ語を敬遠していた少数民族の子ども達が、絵本に親しむようになってから、ラオ語を読むことに積極的になり、正しいラオ語が書けるようになってきた」と図書活動の成果を語っています。

写真付きの詳しい報告書はこちら