ヘッダーの左側 トップページへのリンクです

「日本では何をしているの?」のページへのリンクです

プロジェクト実施報告

現在実施中、または近年実施した読書推進プロジェクトを、詳細に報告します。

ビエンチャン県における中学校の図書館整備を通した読書推進事業

【日本NGO連携無償資金協力】
事業の概要
事業名:ビエンチャン県における中学校の図書館整備を通した読書推進事業(第一年次)
事業地:ビエンチャン県ポンホーン郡 地図と写真はこちら

事業内容:
特定非営利活動法人ラオスのこどもは、1982年から、ラオスの子どもたちの成長を願い、日本とラオスを中心に活動を続けている国際協力NGOです。公正で平和な社会づくりに貢献することを目的として、子ども達が自らの力を伸ばし、人生を主体的に選択できるよう、日本とラオスの人々が協働しながら読書に親しむ環境をつくることを理念としています。

これまでに、約3,000の小学校への図書配付し、317か所の学校に図書室整備を行うと共に、5000人以上の教員に対し、図書管理や活用、読書推進に関する研修を実施してきました。教育指導官のトレーニングにも力を入れ、学校での読書活動が継続的、かつ安定的に行われるようサポートしてきました。

ラオス教育スポーツ省は、読書環境の整備を重視し、図書室設置・整備を学校の設置基準としています。近年、小学校には初等教育支援の大きなプロジェクトが増加しており、教科書以外の図書も配付される機会が増えてきました。しかし、中等学校では約1,500校のうち図書室が設置されているのは100校と極めて少ない状況です。

当会は、2014年度にビエンチャン都内の2か所の中等学校において図書館整備事業を実施しました。1,700冊を超える蔵書と、閲覧スペースのある図書館を設置することで、生徒が図書を借りるのみでなく、読書や学習ができる場を作ることができました。また、教員が図書を用いた授業を行って、生徒の理解度が増したという報告もあります。

この経験を活かし、今回、ビエンチャン県において、3か所で中等学校の図書館整備をおこない、学校図書室の設置を推進すると共に、県内の学校図書室のネットワークを構築して読書推進活動の強化を図ります。事業の実施においては、事業の効果を持続するため、次のような体制を整えます。「村教育開発委員会が学校改善計画の役割について理解するとともに、図書館運営をサポートする体制を構築する。」「学校の人材のみで適切に図書館を運営できる体制を構築するともに、学校長が図書館の重要性を理解し、図書館担当教員を配置し、教員相互で補い合い、継続できる体制を作る。」「郡教育局と村教育開発委員会と学校が緊密に連携し、学校図書館をモニタリングする体制を作る。」事業は3年計画で、1年目にポンホーン郡1校、2年目にポンホーン郡1校とヒンフープ郡1校で、図書館建設と各関係者への研修を実施します。図書館建設をおこなった翌年には、更なる定着化のために応用研修を実施します。3年目には、県内の学校図書室のネットワークを構築して地域に向けたイベントを実施し、読書が周辺の学校や保護者にも普及することをめざします。

実施期間: 2019年3月〜2020年2月(第1年次)
事業費概算額: 170,429ドル

※事業の実施状況詳細は以下に掲載しています。
 事業開始(在ラオス日本大使館での署名式の様子
 オープニングセレモニー(引き渡し式)

また、当会のFacebookでも、随時進捗報告をしておりますので、是非ご覧ください

「学校図書室の地域への展開事業」

2014年2月から2018年1月にかけて、ルアンナムター県とヴィエンチャン県の6郡において、小中学校16校の教員、校長、児童生徒、地域住民を対象とし、地域に根ざした図書活動の展開を図る取り組みをおこなっています。保護者をはじめとした地域住民を巻き込むことで、地域で小さな図書室(地域文庫)の設置を推進し、学校の図書活動の担い手を地域に広げる事業です。JICA(国際協力機構)草の根技術協力事業により実施しました。

事業の概要

事業名: 学校図書室の地域への展開事業
事業の背景と必要性:
当会は1992年のラオス国立図書館による「読書推進運動」発足時から、これに協力し、学校における図書活用の包括的な支援を実施してきた。2010年からは「ラオスにおける読書推進運動の自立的運営の定着化」(草の根技術協力事業)に焦点をあて、人材強化を図るべく、1校につき複数の教員を、さらに郡教育指導官を、図書活動の担い手として育成。また、3ヶ所の教育局に図書活動の運営主体となる読書推進センターを発足させた。その結果、対象校では事業開始時に比べ、図書利用者数は3倍強に、貸出利用者数は2倍に増加した。
担い手を増やし、「わが校」の図書活動としての意識、オーナーシップを高めることが自律的運営の源泉となることが再確認されたのである。図書活動の定着化をさらに確実なものとするためには、担い手・支援者・理解者の裾野を広げることが、次なる施策として求められる。その対象を学校内にのみに求めるのは、財政面および行政面で、限界がある。そこで、保護者や学校周辺地域の住民を新たな対象とし、「うちの子が本を借りてくる学校図書室」を支えることで、中心的担い手である教員が意欲を持ち続けることに繋がっていく。
プロジェクト目標:
学校図書活動の拠点が地域に広がることにより、子どもたちの図書利用機会が増加する
対象地域:
ルアンナムター県(ナムター郡、ナーレー郡)、ヴィエンチャン県(サナカーム郡、ムーン郡、フアン郡、メート郡)の6郡

受益者層(ターゲットグループ) :
対象地域の小中学校16校の教員、校長、児童生徒、学校周辺の地域住民
期待されるアウトプット及び活動:
<アウトプット>
1. 学校図書室が整備されている
2. 学校図書活動の質が向上する
3. 地域文庫が整備される
<活動>
1.子どものニーズをふまえ、図書セットを配布し、図書室を整備おこない、図書活動を充実させていくための基盤づくりをおこなう。
2.学校での図書活動の促進を図り、図書室開放、図書貸出、図書を活用したアクティビティ、児童生徒による図書室ボランティアの設置を実施する。
3.学校図書活動イベントなどを実施する中で、住民の図書活動への理解を促す。住民から地域文庫の運営に協力してくれる図書活動ボランティアを発掘するとともに、村教育開発委員会が、地域文庫の管理を担うようにする。
実施期間: 2014年2月〜2018年1月(4年間)
事業費概算額: 49,982千円

【活動実績まとめ】こちら
【事業評価報告書】こちら


事業の実施状況の報告は以下をご参照ください
通信60号 P1 「新プロジェクトいよいよ始動」
通信61号 P1 「学校のわくを超えて、地域に図書室を
■通信64号 P1 「地域図書館、第1号、第2号オープン」
■通信65号 P1 「都会と地方のギャップが広がる中で」 *
■通信67号 P1 「たくさんの ソフィアさんを応援したい」 *
■通信68号 P1 「たくさんの本を届けたい」 *
■通信69号 P3 「村の図書室を育てていこう」
■通信70号 P1 「村の挑戦 ラオスのこどもの挑戦!」
  *関連記事

事業の様子を紹介したブログ
●2015年5月19日:図書委員長におまかせ!!
2015年5月31日:はじめての”村図書館”
2016年5月3日:熱いディスカッション!
2016年5月6日:ベスト図書室
2016年5月8日:アクションプラン
2016年8月12日:ソフィアさんにインタビュー
2016年8月22日:インターン便り(2)〜教育指導官の研修〜
2016年12月10日:学校図書室フォローアップ
2017年1月17日:学校図書室フォローアップ その2
2017年1月19日:学校図書室フォローアップ その3
2017年8月18日:村のみんなでつくる地域文庫
2017年11月17日:最近、人気急上昇の本


「小中学校における図書活用強化事業(第1期)」

【日本NGO連携無償資金協力】
<目的>  図書室がある学校で、授業に絵本などの副読本を取り入れ、図書の活用と子どもの学ぶ力を高めることを 目指す事業
<対象> チャムパサック県・サワンナケート県・カムワン県3県34校
<実施期間> 2011年10月16日〜2012年10月15日
<実施内容> 
  ・各校をまわり、活動状況の調査と担当者の面接。
  ・地域と活動状況に合わせて4つのグループに分け、各校から2名参加する図書活用セミナーを開催。
  ・サワンナケート県・カムワン県の18校を、1校、2日間かけ学校訪問活動を実施。

セミナー実施前に、全校を巡回し、活動状況の調査・担当教員との面接をおこない、活動状況に合わせグループ分けをしました。セミナーは、活発校向けと停滞校向けの2パターンを実施し、各校の課題に適したノウハウを得られる構成としました。
巡回訪問の際には、全対象校に2日程度滞在し、セミナーからは見えなかった各校の実践・応用段階での課題に取り組むことができました。セミナーでは、物語をもとに劇を作る指導をしており、多くの学校で、子ども達が劇を演じる姿が見られました。

事業の実施により、対象校において以下のような成果が出ています。(カッコ内は事業開始時の数値)
  *図書室を定期的(週3回以上)に開放している対象校: 97% (74%)
  *教員が授業で図書を活用している対象校: 88% (47%)

開始時には、よく活動している学校でも「読み聞かせ」が唯一の図書活用の方法だったが、事業実施後は、演劇、科学本を使ったゲーム、詩の詠唱など、図書の活用が多様化した。 

  *図書を利用する児童生徒が増加した対象校:76%


完了報告書はこちら
事業の様子を示す写真はこちら

読書推進運動の自立的運営の定着化事業

【草の根技術協力事業】
<目的> 学校での図書活用方法の指導や、地域の読書推進センター活動により、読書推進活動が、ラオスの人々により、継続的に実施される体制を整えることを目的とした事業
<対象> ボーケオ県、ヴィエンチャン県、チャンパサック県、セコン県の4県30校
<実施期間> 2010年3月15日〜2012年1月31日
<実施内容> 
30校の対象校で、人材強化を図るべく、1校につき複数の教員を、さらに郡教育指導官を、図書活動の担い手として育成しました。また、3ヶ所(ボーケオ県パーウドム郡、チャンパサック県ポントン郡、チャンパサック県コーン郡)の郡教育局に図書活動の運営主体となる読書推進センターを発足させたました。さらに、ヴィエンチャン県で開設していたセンターの稼働状況を見直し、地域の図書活動をさらに活気づけ、担当者がやりがいを感じられるよう、センターの権限・機能を増強しました。センターの主な役割・機能は、学校図書室活動に関して、「使用済み貸出カード・破損本と新本の交換」「各地域の情報集積」「学校への図書提供」です。

これらの結果、対象校では事業開始時に比べ、図書利用者数は3倍強に、貸出利用者数は2倍に増加しました。最も活発な活動をおこなっていた6校を優良校として表彰し、図書室整備を支援。優良校の実践を共有するために、県内の全対象校の校長・担当教員と共に各県の優良校・停滞校を見学し、情報交換を実施しました。
図書の利用の大幅な伸びが見られた優良校には次の共通点が見られました。
@校長が図書活動への理解を示し、リーダーシップを発揮し、適切な人員配置をしている
A多くの教員・生徒が図書活動に関わっている
B図書室が確保できなくても、各教室で閲覧や貸出しがおこなえるよう各担任が教室文庫の実施に協力しています

優良校のある校長は「ラオ語を敬遠していた少数民族の子ども達が、絵本に親しむようになってから、ラオ語を読むことに積極的になり、正しいラオ語が書けるようになってきた」と図書活動の成果を語っています。

写真付きの詳しい報告書はこちら